(株)ヒミコ公式ブログです。会計ソフト、クラウド会計システムなどベンチャーに役立つITツールご紹介

クラウド本舗 from 教えて会計

教えて会計ブログ

いま一番ホットな再建屋

更新日:

こんにちは、きょうも少々お時間下さい。

今回は杉野正著「俺が黒字にしてみせる!」かんき出版¥1400ーです。前回分までご紹介の本については、文末にアマゾンドットコムの本タイトルリンクを作成しました。読んで見たいという方はネット上で簡単に購入できますので、是非ご利用ください。

日本には今まで再建屋と呼ばれる偉大な経営者がたくさんいます。直近では残念ながら本日の日経新聞にセクハラ裁判という不名誉な記事。

になってしまった方もそのお一人だと思います。この杉野社長は実績もあり、すでにその腕を買われて2社目に移っている現役バリバリです。 長野県しなの鉄道の再建のため、田中康夫知事よりエイチ・アイ・エスから出向したサラリーマン社長はの実話です。 まずはすべて「3割削減」、コストを落とす。次に経営数字を翌月に見ても遅すぎる。すべての決算が済んでから次の一手を考えて業績向上を目指しても、それはどだい不可能な話だ。売上のデータは毎日かかさず見ること。 経営数字はまず始めに支店ごとの売上のを見る。それでも原因を突き止められないときは、個人のデータを見る。そうしないと間違った解釈で人事を行う可能性があるので順番は絶対である。 また、中小企業は先駆者ではないのだから、意地をはらないで、素直に「いいものはいい」と認めることだ。赤字企業はまねが下手だということも言い切れるだろう。 本人はケチで嫌われものの社長であるが、結果を残す良い社長と自己評価されています。しかし、社員のことは常にほめろと書いています。8割ほめて、2割怒る、部下の良いところを見つけてあげようという気持ちがないと、部下は一人もついてこない。

最後の言葉、難しいですね。部下に限らず、自分は棚にあげ、他人のことになると悪いところにばかり目がいきます。コツは、嘘にならないように、本当に自分が思ったときに言ってあげればいい。気が付いたらすぐほめないとダメなそうです。 そういえば、私もさっきの一件、さっそくメールででもほめることから始めて見よう。 それでは、また!!

おすすめ記事

-教えて会計ブログ
-

Copyright© クラウド本舗 from 教えて会計 , 2019 All Rights Reserved.